二人で一緒に選びたい結婚指輪

結婚指輪について正しく認識していますか?

結婚する際に必要になってくる物と言えば、間違いなく結婚指輪の名前が真っ先に挙がってきます。しかし、特に男性に関しては、この結婚指輪に対して正しく認識しているのかと言われると、必ずしもそうではありません。
特に良く見られるのが、婚約指輪との誤認です。結婚指輪と婚約指輪を同じ物だと思い違いをしている男性は、意外に多くいます。婚約指輪とは、プロポーズを受け入れてくれた女性に対する感謝の気持ちを表す指輪であり、よくプロポーズの際にサプライズとして渡されます。従って結婚指輪を婚約指輪と勘違いしていると、「サプライズで渡すわけだから結婚指輪は自分一人で選ばなければならない」という間違った認識のまま一人で購入に走ってしまうケースが起きてしまいます。

お互い長く身に着けるものだから、結婚指輪は二人で選びたい

結婚指輪とは、「これから夫婦として末永く生きていきましょう」という、お互いの誓いを視覚的に表した物です。そのため、婚約指輪とは違い、常に装着しておくことが良いとされています。中には婚約指輪を結婚指輪にあつらえ直す女性もいますが、基本的には結婚指輪は日常身に着けていても邪魔にならず、なおかつお互いの外見の印象から逸脱しないような物が求められます。またペアリングにしないまでも、デザインや刻印などで一体感を醸し出すような物が求められます。
当然お互いの好みや結婚指輪に対する考え方があるため、どのような指輪にするか二人で一緒に選ぶのが最も確実で納得がいく方法ということになります。結婚指輪は夫婦の婚姻関係を端的に象徴するものです。結婚生活を円満に送るためにも、双方納得できる指輪を一緒に選ぶことをおすすめします。